手覆(読み)タオオイ

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐おおい ‥おほひ【手覆】

〘名〙 甲冑(かっちゅう)の小具足の籠手(こて)の部分の名。手の甲を覆うところ。籠手の坐盤、手甲、肘金物などの部分。
※日葡辞書(1603‐04)「Tauouoiuo(タヲヲイヲ) ムクリ カエス〈訳〉尊敬すべき人と話し合う時に、礼儀として上述の部分を少し裏返す」

て‐おい ‥おひ【手覆】

〘名〙 =ておおい(手覆)
※浮世草子・御前義経記(1700)三「勧進箱と手おひは土山にてもとめん」

て‐おおい ‥おほひ【手覆】

〘名〙
① 武具の籠手(こて)をいう。たおおい。
※平治(1220頃か)中「籠手の手覆よりうで打おとされてのきにけり」
② 手の甲をおおう布。ておい。手甲(てっこう)。《季・冬》 〔温故知新書(1484)〕
※俳諧・毛吹草(1638)五「さわらひの手おほひと成霞哉〈貞盛〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の手覆の言及

【籠手(小手)】より

…布製の筒状の袋をつくり,鎖,鉄金具をつけて仕立てる。また先端の手首より先の手甲を覆う部分を手覆(ておおい)という。籠手は古くは手纏(たまき),室町時代には手蓋(てがい)ともいった。…

※「手覆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android