コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手鼓 シュコ

大辞林 第三版の解説

しゅこ【手鼓】

がついていて、手に持って打ち鳴らす太鼓。特に、朝鮮の民族音楽で使うものが有名。

てつづみ【手鼓】

ばちを使わず手で打ち鳴らす鼓。のちには、能楽などの小鼓をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手鼓の関連キーワード民族音楽ぽんぽん柄太鼓太鼓朝鮮