コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手鼓 シュコ

4件 の用語解説(手鼓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐こ【手鼓】

柄太鼓(えだいこ)

て‐つづみ【手鼓】

撥(ばち)を用いないで手で打ち鳴らす鼓。特に、能楽や長唄囃子の小鼓。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅこ【手鼓】

がついていて、手に持って打ち鳴らす太鼓。特に、朝鮮の民族音楽で使うものが有名。

てつづみ【手鼓】

ばちを使わず手で打ち鳴らす鼓。のちには、能楽などの小鼓をさす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手鼓の関連キーワード柄太鼓扇を鳴らす軍鼓撃柝手動弔鐘打鳴らす手打ち弓鳴らし

手鼓の関連情報