手鼓(読み)シュコ

大辞林 第三版の解説

しゅこ【手鼓】

がついていて、手に持って打ち鳴らす太鼓。特に、朝鮮の民族音楽で使うものが有名。

てつづみ【手鼓】

ばちを使わず手で打ち鳴らす鼓。のちには、能楽などの小鼓をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android