コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿山伏 カキヤマブシ

デジタル大辞泉の解説

かきやまぶし【柿山伏】

狂言。山伏を盗み食いしているのを持ち主に見つかり、さんざんなぶられたあげく、(とび)のまねをして木から飛び降り、腰をしたたかに打つ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かきやまぶし【柿山伏】

狂言の一。山伏が柿を盗もうとするところを柿の持ち主に見つかり、猿や鳶とびなどのまねをさせられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柿山伏
かきやまぶし

狂言の曲名。山伏狂言。修行を終えた山伏(シテ)が帰国の途中、路傍の柿の木に登り、柿を食べ始める。見回りにきた柿の木の主がこれをみつけ、山伏が柿の木の陰に隠れるので、なぶってやろうと、人かと思ったらカラスだ、犬だ、いやサルだといってそれぞれの物まねをさせたあげく、トビだという。山伏はトビの鳴き声を強いられたうえ、「飛ぼうぞよ……」と囃(はや)されて柿の木から飛び降り、腰をしたたかに打つ。かまわずに帰ろうとした柿主は、山伏の法力に引き戻されるふりをし、いったん背負った山伏をすぐに投げ倒して去って行く。動物の物まねと、囃(はや)しにのせられて飛ぶところが見どころ。[林 和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柿山伏の関連キーワード茂山 千作(2代目)狂言現行曲一覧高島由紀子もんだう身せせりやあやあぼろん羽挵り葛桶小言狂言

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柿山伏の関連情報