コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内宴 ナイエン

世界大百科事典 第2版の解説

ないえん【内宴】

内裏で行われた宮中の私宴。正月21日に行われ,もし21,22,23日の3日間のうちに子日(ねのひ)があれば,子日に行う。文献上では812年(弘仁3)嵯峨天皇神泉苑行幸,文人を召し,宴を行ったのが初見とされているが,これ以前より行われていたことは確実である。《類聚国史》は809年(大同4)とするが,これを起源とするのはむずかしい。《河海抄》は813年を始めとし,〈唐太宗之旧風也〉と説明する。平安時代の儀式については《西宮記》《北山抄》にくわしく,天皇が仁寿殿に出御,文人の詩があり,講詩が詩を披講し,内教坊の舞姫が舞を奏する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないえん【内宴】

平安時代、正月21日頃の子の日に、帝が仁寿殿じじゆうでんに出御し、群臣・文人を召して催した宮中の私宴。 「 -に召されて/宇津保 菊の宴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内宴
ないえん

朝廷年中行事の一つ。毎年、通常は正月20日、正月21日から23日のいずれか1日が子(ね)の日であれば当該日を選び行われた。天皇主催による内々の宴の意。内裏の仁寿殿(じじゅうでん)に作文(さくもん)(漢詩)に才ある臣下を集めて行われた詩宴が起源。史料上の初見は嵯峨天皇の809年(大同4)。812年(弘仁3)、813年などの諸説がある。本来は不定期の宴であったようだが、仁明(にんみょう)朝(833~850)頃より式日が定まった。後一条天皇の1034年(長元7)以後は途絶し、1158年(保元3) 内裏新造を機に藤原通憲(ふじわらのみちのり)(信西(しんぜい))らが再興し、翌年も続行されるが以後は途絶えた。同時期に作成された行事絵『年中行事絵巻』中に具体的な式場の様子等が描かれている。院政期頃より和歌・詩会の遊宴の典型例として、以後の宮廷文芸行事の行事内容にも影響を与えた。[佐多芳彦]
『倉林正次著『饗宴の研究 儀礼編』(1965・桜楓社) ▽山中裕著『平安朝の年中行事』 (1972・塙書房) ▽鈴木敬三著「年中行事絵巻『内宴』について」(「日本歴史」134)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

内宴の関連キーワード更衣(こうい)年中行事絵巻妓女・伎女飾り太刀代藤原季兼大戸清上藤原信西藤原周光石川色子源周子承香殿綾綺殿内裏漢詩軟障文台曲宴公事

内宴の関連情報