コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折櫃 おりうず

1件 の用語解説(折櫃の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

折櫃
おりびつ

(ひのき)の薄板を折り曲げてつくった方形または角切りの箱で、食物や菓子などを盛るのに使用した。古く「おりうず」といったのは、木を折り曲げてつくったからである。『延喜式(えんぎしき)』には上折櫃、中折櫃、小折櫃、脚付折櫃、机代折櫃などとあって、箱にあわせた台をつくったり、脚を直接につけたりして用いた。白木を原則としたが、胡粉(ごふん)地に泥絵で花鳥を描いたり、四隅に造花などを立てて美しく飾ったものがあったことが、『山槐記(さんかいき)』(治承3年正月6日条)の東宮五十日の殿上(おうはん)によって知ることができる。後世、蓋(ふた)もついて折り箱、略して「折」とよばれ、宴会などのあとに持ち帰れるようになった。現在、行楽などに使用される折り箱はこれである。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の折櫃の言及

【箱】より

…これらは公家の生活を中心に用いられたが,やがて武家にもとりいれられ,さらに簡略化されながら庶民生活に用いられるようになった。例えば上代の菓子を盛る折櫃(おりうず)(ヒノキの薄板を折り曲げてつくる)が,のちに蓋のついた折箱,そして近世から菓子箱に進展した。また箱は必要とする諸道具を簡便に一括する機能を果たしている。…

【折】より

…薄板を折り曲げてつくった箱。折櫃(おりびつ∥おりゆうず),折箱と呼ぶこともあり,おもに食物を入れるのに用いる。折櫃の名は奈良時代から見え,食器の収納にも用いた。…

※「折櫃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone