コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折納 せつのう Zhe-na; Chê-na

3件 の用語解説(折納の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

折納
せつのう
Zhe-na; Chê-na

中国の財政制度。政府に納める現物の租税を別の等価物で代納すること。たとえば,唐以後の両税法で,初めは銭額で税額を定めたため,銭納が原則であったが,銅銭の不足から,農村では銭に代えて穀帛などを納めさせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せつのう【折納 zhé nà】

中国の税制用語。税法上に本来納付すべきものと指定されている銭物を本色(ほんしき)といい,本色に代えて納めるものを折色(せつしき)という。折は換算,換算交換を意味する。本色を折色に代えて納めるのが折納で,本色から折色への換算は通常納税時の市価によっていた。折納は,財政上,本色外の銭物が必要になったとき,不作のため本色の納付が困難なときに多く行われたが,財政窮乏時には増収をはかって往々,本色が高く折色が低く評価され弊害を生じていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せつのう【折納】

中国、唐・宋代の制度で、政府に納入すべき銭物を等価の他物に換算して納入すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

折納の関連キーワード延滞税申告納税予定納税代納地方分担納付金督促納税告知本来無一物免税税法上の適格要件

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone