コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵当標石 ていとうひょうせき

1件 の用語解説(抵当標石の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ていとうひょうせき【抵当標石】

ギリシア語のホロスhoros(複数形ホロイhoroi)の訳。ホメロスの詩ではこの語の古い形であるourosは公有地や私有地の境界標石の意味で使われているが,歴史時代には抵当に入れられた土地の境や家屋のそばに立てられた石柱で,そこには債務者・債権者の名と負債額が刻まれるのが通例であった。アテナイではソロン以前に借財によって土地が債権者の管理下に入ったことを表示する抵当標石が存在したが,ソロンは借財の帳消しによってこの抵当標石を取り去ったと伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

抵当標石の関連キーワードクーロスホロスコープほろほろっとほろ苦いほろろ膕筋ホロレイム

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone