抽象的(読み)ちゅうしょうてき

精選版 日本国語大辞典「抽象的」の解説

ちゅうしょう‐てき チウシャウ‥【抽象的】

〘形動〙
① 個々の事物本質・共通の属性を抜き出して、一般的な概念をとらえるさま。
※善の研究(1911)〈西田幾多郎〉一「もしその意味が単に抽象的共通といふことであれば」
② 単に概念的に思考されるだけで、実際の形態・内容を持たないさま。⇔具体的
※文学者となる法(1894)〈内田魯庵〉三「『俗』と『粋』若くは『通』とは〈略〉自(おのづか)ら画定せる区域なきにあらねども之を抽象的(チウシャウテキ)に説くは中々難かし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「抽象的」の解説

ちゅうしょう‐てき〔チウシヤウ‐〕【抽象的】

[形動]
いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考えるさま。「本質を抽象的にとらえる」
頭の中だけで考えていて、具体性に欠けるさま。「抽象的で、わかりにくい文章」⇔具象的具体的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android