コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拈橋倀因 ねんきょう ちょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

拈橋倀因 ねんきょう-ちょういん

?-1591 戦国-織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。甲斐(かい)(山梨県)広厳院の箇学光真(こがく-こうしん)に師事し,その法をつぐ。光真の死後,武田信玄の要請で広厳院の住持となる。天正(てんしょう)10年徳川家康が武田勝頼冥福(めいふく)をいのるために建立した甲斐景徳院の開山(かいさん)となった。天正19年10月15日死去。甲斐出身。俗姓小宮山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

拈橋倀因の関連キーワード織豊時代曹洞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android