コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拈橋倀因 ねんきょう ちょういん

1件 の用語解説(拈橋倀因の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

拈橋倀因 ねんきょう-ちょういん

?-1591 戦国-織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。甲斐(かい)(山梨県)広厳院の箇学光真(こがく-こうしん)に師事し,その法をつぐ。光真の死後,武田信玄の要請で広厳院の住持となる。天正(てんしょう)10年徳川家康武田勝頼の冥福(めいふく)をいのるために建立した甲斐景徳院の開山(かいさん)となった。天正19年10月15日死去。甲斐出身。俗姓は小宮山

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

拈橋倀因の関連キーワード日本のおもな城太閤検地本願寺身分統制令九戸城昭和南海地震の被害長崎の活版印刷昭和南海地震居合栗山大膳

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone