コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拈橋倀因 ねんきょう ちょういん

1件 の用語解説(拈橋倀因の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

拈橋倀因 ねんきょう-ちょういん

?-1591 戦国-織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。甲斐(かい)(山梨県)広厳院の箇学光真(こがく-こうしん)に師事し,その法をつぐ。光真の死後,武田信玄の要請で広厳院の住持となる。天正(てんしょう)10年徳川家康武田勝頼の冥福(めいふく)をいのるために建立した甲斐景徳院の開山(かいさん)となった。天正19年10月15日死去。甲斐出身。俗姓は小宮山

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

拈橋倀因の関連キーワード織豊時代曹洞安叟珠養快叟良慶格翁桂逸州翁寿欣祥山瑞禎雪窓祐補祖栄泰室宗慧

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone