コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拉ぐ ヒサグ

デジタル大辞泉の解説

ひさ・ぐ【拉ぐ】

[動ガ四]押しつぶす。ひしぐ。
「かれが手をにぎり―・ぎ給ふにより、骨くだけ」〈戴恩記
[動ガ下二]押されてつぶれる。ひしゃげる。
「家の―・げける時」〈撰集抄・七〉

ひし・ぐ【拉ぐ】

[動ガ五(四)]
押しつけてつぶす。「鬼をも―・ぐ怪力」
勢いをくじく。頓挫(とんざ)させる。
「説諭(ときさと)して女の愚痴を―・ぎ」〈露伴・プラクリチ〉
[動ガ下二]ひしげる」の文語形

ひしゃ・ぐ【拉ぐ】

[動ガ五(四)]平たく押しつぶす。ひしぐ。
「三寸釘の頭を―・いで通した心棒を」〈黒島二銭銅貨
[動ガ下二]ひしゃげる」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさぐ【拉ぐ】

( 動四 )
おしつぶす。ひしぐ。 「家の十ばかり打ち-・がれて/撰集抄 7
( 動下二 )
つぶれる。ひしゃげる。 「家の-・げける時/撰集抄 7

ひしぐ【拉ぐ】

( 動五[四] )
押してつぶす。 「高慢の鼻を-・ぐ」 「大竹を-・いで楯の面に当て/太平記 22
勢いをくじく。圧倒する。 「鬼をも-・ぐ勢い」
笛を軽く吹きならす。 〔日葡〕
( 動下二 )

ひしゃぐ【拉ぐ】

( 動五[四] )
押しつぶす。 「 - ・いだ缶」
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

拉ぐの関連キーワード太平記心棒荒肝

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android