コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拉げる ヒシゲル

デジタル大辞泉の解説

ひし・げる【拉げる】

[動ガ下一][文]ひし・ぐ[ガ下二]押されてつぶれる。ひしゃげる。
「艪(ろ)を―・げるほど押しつかんだ」〈有島生れ出づる悩み

ひしゃ・げる【拉げる】

[動ガ下一][文]ひしゃ・ぐ[ガ下二]押されてつぶれる。ぺしゃんこになる。ひしげる。「箱が―・げる」「フロントの―・げた車」

へしゃ・げる【拉げる】

[動ガ下一]押しつぶされて、ぺしゃんこになる。ひしゃげる。「ボール箱が―・げる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひしげる【拉げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 ひし・ぐ
押しつぶされて砕ける。ひしゃげる。 「家が-・げる」

ひしゃげる【拉げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 ひしや・ぐ
押しつぶされて平たくなる。押しつぶされていびつになる。 「 - ・げた帽子」

へしゃげる【拉げる】

( 動下一 )
ぺしゃんこになる。ひしゃげる。 「鼻が-・げる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拉げるの関連キーワード

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android