コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拘束条件付き取引(読み)こうそくじょうけんつきとりひき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拘束条件付き取引
こうそくじょうけんつきとりひき

事業者が,取引に際して,取引の相手方と第三者との関係を拘束する条件 (例:購入先,販売地域,販売価格などの指定) を付して当該相手方と取引すること。これには,(1) 相手方とその供給者との関係を拘束する場合,(2) 相手方とその需要者との関係を拘束する場合,(3) 相手方とその競争者との関係を拘束する場合,がある (不公正な取引方法一般指定 13) 。再販売価格維持契約は,(2) の場合に該当する典型例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拘束条件付き取引の関連情報