コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拳骨 ゲンコツ

デジタル大辞泉の解説

げん‐こつ【拳骨】

にぎりこぶし。げんこ。「拳骨でなぐる」「拳骨を食らわす」
俗に、豚の大腿骨(だいたいこつ)脛骨(けいこつ)のこと。骨端の形が1に似ることからいう。煮込んでスープなどをとる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんこつ【拳骨】

五本の指をきつくにぎりしめたもの。にぎりこぶし。げんこ。 「 -をふりあげる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拳骨の関連キーワード硏・乾・件・倦・倹・健・儉・兼・券・剣・劍・喧・圈・圏・堅・嫌・嶮・巻・建・憲・懸・拳・捲・検・権・檢・權・牽・犬・狷・献・獻・県・眷・瞼・研・硯・絢・絹・縣・繭・肩・虔・見・謙・譴・賢・軒・遣・鍵・間・険・險・顕・顯・験・驗ファウスト(ロック・バンド)フレッド マクマレー小突く・小衝く三宅 青軒大口 広司牧野省三武田物外辰巳蒼生物外不遷栄螺殻大腿骨脛骨柔術拳固物外尚玄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拳骨の関連情報