コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拵え コシラエ

デジタル大辞泉の解説

こしらえ〔こしらへ〕【×拵え】

物の出来あがったようす。出来ぐあい。つくり。「草庵風の拵えの離れ」
準備。用意。したく。「朝食の拵え」「船出の拵え
手を加えて飾ること。
㋐化粧したり衣服を整えたりすること。身じたく。「地味な拵えで訪れる」
㋑外見上の役作り。扮装(ふんそう)。「町娘の拵えで登場する」
㋒刀の柄(つか)・鞘(さや)に施す、細工や塗りなどの外装。刀装。
はかり巡らすこと。計画。工夫。
「竜女が仏に成ることは、文殊の―とこそ聞け」〈梁塵秘抄・二〉
やり方。方法。
「一日一日物の足らぬ―」〈浮・胸算用・二〉
嫁入りじたく。
「あの身代(しんだい)の敷銀(しきぎん)は二百枚も過ぎもの、―なしに五貫目」〈浮・胸算用・二〉
[補説]2の意で、「こしらえ」が他の語の下に付いて複合語をつくるとき、一般に「ごしらえ」となる。「身ごしらえ」「足ごしらえ」「腹ごしらえ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こしらえ【拵え】

〔動詞「こしらえる」の連用形から〕
ものの出来上がりのようす。作り。 「しもた屋風の-」
予想される状況に合わせて準備を整えること。支度。 「正月の-」
嫁入り支度。 「世盛の-何にひとつ不足もなく/浮世草子・織留 5
身なりを整えること。また、その身なり。 「粋いきな-の女将おかみ」 「少々柔弱にやけすぎた-なり/当世書生気質 逍遥
扮装ふんそう。 「助六の-」
刀剣類の柄巻つかまき・金物・塗りなど、外装の総称。また、その様式。つくり。 「結構な-の刀」
あれこれとはかりめぐらすこと。工夫すること。 「竜女が仏になることは、文殊の-とこそきけ/梁塵秘抄」
やり方。方法。 「一日〱物のたらぬ-/浮世草子・胸算用 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

拵えの関連キーワード中村歌六(初代)浮世草子なれども腹拵え荷拵え身拵え腹・肚急拵え下拵え拵え屋仮拵え俄拵え余所目金拵え銀拵え晨星竜女敷銀擯斥

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android