コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀装 とうそう

世界大百科事典 第2版の解説

とうそう【刀装】

刀剣の外装のことで,(こしらえ)ともいう。刀剣を身につけるのに,また保護するのに不可欠のものであるが,佩用(はいよう)者の身分や好尚,時代の式制によっていろいろな様式,種類がみられる。古代の刀装は,刀剣のほとんどが古墳からの出土品であるため,木製のものは腐朽して伝わらず,わずかに鹿角製のもの(鹿角装刀剣)があるほかは,すべて鉄あるいは金銅製である。それを柄頭(つかがしら)の形状から分類すると,環頭(かんとう)大刀,頭椎(かぶつち)大刀,圭頭(けいとう)大刀,円頭大刀蕨手(わらびで)刀などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

刀装の関連キーワード坂城町 鉄の展示館鮫皮漆塗細工江田船山古墳正阿弥勝義北川 北仙高松塚古墳明石与太夫頭椎大刀刀剣女子米光光正田辺保平青海勘七平田道仁奈良利寿後藤祐乗圭頭大刀土屋安親鹿島一布尾崎直政加納夏雄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刀装の関連情報