コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合同会社 ごうどうがいしゃ

8件 の用語解説(合同会社の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

合同会社

2006年施行の新会社法で導入される新たな会社形態。株式会社任意組合の特徴を併せ持つ。具体的には、株式会社と同様に出資者の責任は出資額までの有限でありながら、任意組合のように出資者以外でも定款で定めれば、利益や権限を配分できる。設立は1人でも可能。意欲のあるベンチャー起業家らを後押しするものと期待されている。また、法人でも出資者になれるので、企業同士の共同事業などにも適している。なお、合同会社の創設により、従来の有限会社制度は廃止され、会社の形態は「株式」「合同」「合弁」「合資」の4つになる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

合同会社

日本型LLCとも呼ばれる。すべてが発起設立によるもので、出資者たる社員の権利が持ち分となっている組合的な持ち分会社で、新たな有限責任会社として位置づけられる。所有と経営の分離がなされていないにもかかわらず、出資者の有限責任性が担保されることで、企業家として迅速な意思決定と機動性に富んだ経営を実現できる。現物出資の簡易性、出資比率に応じない利益配当により、資金はなくとも人的資産等による現物出資がなされることでベンチャー企業など人的資源の活用を目的とした会社の設立が容易になり、その結果、研究成果やノウハウなどで事業化が促進されるという期待も寄せられている。とはいえ、ベンチャー企業が本来有しているストックオプション(新株予約権)の付与が認められていない、会社成長に伴う株式公開の必要性など、合同会社形態による制約も大きい。また、米国などでLLCが普及している背景となっているパススルー課税の実現についても展望が開けていないのが現状である。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごうどう‐がいしゃ〔ガフドウグワイシヤ〕【合同会社】

平成18年(2006)5月施行の会社法によって新たに設けられた会社の形態で、持分会社の一。社員全員が出資額を限度とした有限責任を負う。日本版LLC。→合資会社合名会社有限責任事業組合

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

合同会社【ごうどうがいしゃ】

有限責任社員のみからなる持分会社として,2005年の会社法により新設。対内的な関係においては民法上の組合に類似し(原則として全員一致で定款の変更その他の会社のあり方が決定され,社員自らが会社の業務執行に当たる),対外的な関係においては株式会社に類似するが,持分の譲渡に他の社員の承諾を必要とする。
→関連項目会社代表社員

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

事業再生用語集の解説

合同会社

日本版LLC。LLCは【Limited Liability Company】の略。 有限責任制をとりながら、取締役・監査役といった内部組織のルールを自由に決められたり、利益配分を自由に設定できる等の特徴を持つ。たとえば出資割合が低くても、知識やノウハウ・技術などを提供して貢献度の高い者には高配当を出す事も可能。株式会社と組合の利点を融合した新しい組織形態であり、外見は有限責任の法人で、内部的には組合という会社組織になる。

出典|(株)セントラル総合研究所
事業再生用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごうどうがいしゃ【合同会社】

社員(出資者)は全員が有限責任で、内部関係については組合的規律が適用される会社。重要事項の決定は総社員の一致が原則で、広く定款自治が認められ、利益や権限の配分などを自由に決めることができる。2005年(平成17)制定の会社法で新設。持分会社の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合同会社
ごうどうがいしゃ

持分会社のうち社員全員が有限責任社員からなる会社。2005年会社法制定の際に導入され,日本版 LLC(Limited Liability Company,有限責任会社)と呼ばれる。会社の組織や内部関係については組合に準じて広く定款の自治が認められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合同会社
ごうどうがいしゃ

合同会社は、2005年(平成17)に成立した会社法により新たな事業体として創設された会社で、定款所定の出資額を限度とする間接有限責任を負うにすぎない社員だけで構成される一元的組織の会社である(会社法576条4項、580条2項)。創業の活発化、情報・金融・高度サービス産業の振興、共同研究開発産学連携の促進等を図るため、出資者の有限責任が確保されつつ、会社の内部関係については組合的規律が適用されるという特徴を有する。アメリカの各州では、LLC(Limited Liability Company)とよばれる事業組織体の制度があり、そこでは、LLCの出資者の責任が出資金を限度とする有限責任でありながら、LLCの利益に対する直接の課税がなく、出資者に対する配分のみに課税されるパススルー課税の仕組みがとられ、ベンチャー企業などで大いに利用されている。この企業形態を日本の会社制度において実現する意図があったころから、合同会社は、日本版LLCとよばれることがある。しかし、日本では、会社はすべて法人とされ、法人税の納税主体であることから、パススルー課税の仕組みは、合同会社では実現しておらず、別途、有限責任事業組合の制度において実現している。
 合同会社の特徴は次のとおりである。合同会社は、有限責任社員のみからなる人的会社であり、内部規律としては合名会社・合資会社と同一規定が適用される。合同会社の設立は、社員全員の合意による定款の作成、出資全額の払込みおよび設立登記による(会社法575~579条)。合同会社の構成員たる社員は1人でもよく、法人でよい。ただし、出資の目的は金銭その他の財産のみである(同法576条1項)。合同会社の業務執行においては、原則として所有と経営が一致する。ただし、定款で業務執行社員を定めることができる(同法590条1項)。業務執行社員に関して、旧物的会社の規律(責任・代表訴訟等)が導入されている(同法597条ほか)。合同会社の内部組織に関して、社員間および社員と会社間の事項の設定は定款により自由である(同法585条ほか)。各社員の議決権は出資比率と無関係に定めることができる(同法577条)。監査機関の設置も自由である。利益分配は、所定の財源規制を遵守すれば、定款で自由に決定でき、出資比率と無関係に個々の社員の業績への貢献度等に応じて分配することもできる(同法622条)。合同会社の加入・持分(もちぶん)譲渡につき、成立後は原則として社員全員の承認が必要とされる(同法604条ほか)。退社の自由がある(同法606条)。組織変更・資金調達その他に関して、社員全員の同意による株式会社への「組織変更」ができ(同法744条ほか)、社債発行可など資金調達の多様性が確保されている(同法676条以下)。また、合同会社では会社間で合併等の組織再編行為が可能である。なお、合同会社においては、現行の法人税法上、法人税の納税主体である。[福原紀彦]
『根田正樹・矢内一好編『合同会社・LLPの法務と税務』(2005・学陽書房) ▽山崎茂雄編著『LLCとは何か――新会社法と合同会社』(2006・税務経理協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

合同会社の関連キーワード意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧カーボベルデの要覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合同会社の関連情報