コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃(き)出し窓 ハキダシマド

デジタル大辞泉の解説

はきだし‐まど【掃(き)出し窓】

室内のちりごみを掃き出すために、床と同じ高さに設けた小窓

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掃出し窓
はきだしまど

床面を掃き掃除するときに塵埃(じんあい)を外部に掃き出すのに便利なように設ける開口部のことで、掃出し口(くち)ともいう。そのために敷居はかならず床面と同水準とするが、高さは15センチメートル、幅は30センチメートルもあれば十分で、内側に引込み式の建具を設ける。一般に地窓(じまど)とよばれるものはおおむね掃出し窓を兼ねている。[山田幸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

掃(き)出し窓の関連キーワード室内

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android