引窓(読み)ひきまど

精選版 日本国語大辞典「引窓」の解説

ひき‐まど【引窓】

[1] 〘名〙
屋根勾配に沿って作った明かりを引いてそのを開閉する。天窓
俳諧・新続犬筑波集(1660)一九「ひき窓やひきみひかずみむらしぐれ〈正俊〉」
目上の人に反抗すること。
浄瑠璃・万戸将軍唐日記(1747)三「親に向って引まどのえらい痰(たん)切りをる」
[2] 浄瑠璃「双蝶蝶曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」八段目の通称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「引窓」の解説

引窓【ひきまど】

大和窓とも。天窓の形式の一つ。屋根勾配(こうばい)に沿って設けた窓で戸や障子等を引綱で開閉する。台所などの採光や煙出しに使用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「引窓」の解説

ひき‐まど【引(き)窓】

屋根に設け、綱を引いて開閉する窓。
(引窓)浄瑠璃「双蝶々曲輪日記ふたつちょうちょうくるわにっき」八段目の通称。
[類語]出窓明かり取り天窓掃き出し窓円窓連子窓無双窓覗き窓飾り窓ウインドーショーウインドー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「引窓」の解説

引窓
(通称)
ひきまど

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
引窓与兵衛
初演
明治29.9(大阪・中座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「引窓」の解説

引窓
ひきまど

双蝶々曲輪日記

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android