授業参観(読み)じゅぎょうさんかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

授業参観
じゅぎょうさんかん

教育関係者が学校へ行って、実際に行われている授業を観察することをいう。教育関係者がだれであるかによって、観察する目標や内容が異なる。
 参観主体が父母である場合に、授業参観ということが多い。この場合には、授業における教師の教授活動やわが子の学習活動のようすを観察し、これを媒介にして学校の教育活動に対する理解を増すとともに、子供の教育をめぐって教師との交流を深めることが目ざされる。
 参観主体が教師志望の学生ないし実習生である場合には、授業参観は、授業をみる目を養い、授業を展開する力を育てるために、授業について学ぶことが中心となる。したがって、児童・生徒の活動とそれに対する教師の教授活動に観察の力点が置かれることになろう。さらに参観主体が現場の教師や研究者である場合には、授業参観は、授業を研究して改善する意味を強くもってくる。それは授業研究ないし授業分析のためのものとなる。したがって、それは単なる観察ではなく、系統的な観察と記録になり、一定の研究方法に基づく分析を伴うことになる。[長谷川榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅぎょう‐さんかん ジュゲフサンクヮン【授業参観】

〘名〙 学生・児童・園児などの授業を、父母・保護者・地域住民などが直接参観すること。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉下「候補者の組の授業参観に出かけるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

授業参観の関連情報