コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)帯 カケオビ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐おび【掛(け)帯】

社寺参詣の女性が、物忌みしるしとして用いた赤い帯。赤色の絹を畳み、胸の前に掛け、背後で結んだもの。
近世の女子の盛装に用いた裳(も)のひも。裳の大腰につけ、肩に掛けて胸の前で結ぶもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛(け)帯の関連キーワード社寺参詣近世盛装

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android