コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻き付く カキツク

デジタル大辞泉の解説

かき‐つ・く【×掻き付く】

[動カ五(四)]
しっかりと取りつく。とびつく。
「マルという犬が、黒毛の尻尾(しっぽ)を振って、いきなり岸本へ―・いた」〈藤村・春〉
頼りとしてすがりつく。
「いとど―・かむ方なく、悲しげに眺め過ごし給ふ」〈・蓬生〉
[動カ下二]
乱れた髪などを櫛(くし)でなでつける。
「草枕ねくたれ髪を―・けしその朝顔の忘られぬかな」〈続詞花・恋中〉
身につける。とりつける。
「弓矢―・けて」〈著聞集・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android