コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揖す ユウス

デジタル大辞泉の解説

ゆう・す〔イフす〕【×揖す】

[動サ変]上体をかがめて会釈する。また、あいさつする。
「某氏を―・し、之(これ)を送り出だせしとなり」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっす【揖す】

( 動サ変 )
おじぎをする。会釈する。 「一言の応答なく-・して将さに去んとす/花柳春話 純一郎

ゆうす【揖す】

( 動サ変 )
挨拶あいさつする。 「主必ず客に向つて-・せん/筆まかせ 子規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

揖すの関連キーワードおじぎ子規

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android