コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬毛 フユゲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冬毛
ふゆげ

温帯や寒帯に生息する哺乳(ほにゅう)類の、冬にみられる毛衣をいう。夏毛に比して上毛の毛足が長く、その下に細い綿毛(下毛)を密生して大量の空気を蓄え、冷たい外気から体を遮断し、体温が低下するのを防ぐ働きをする。上毛自体が夏毛より太く、その髄部に空気を蓄えるものもある。毛色は、夏毛よりわずかに淡いだけのこともあるが、ニホンジカでは白い斑点(はんてん)がなくなり、テンでは黒褐色から鮮黄色に、ユキウサギ、トウホクノウサギ、オコジョ、イイズナなどでは褐色から白色に変わる。冬毛には、秋に新たに生ずるものと、夏毛が伸び下毛だけが新たに生ずるものとの二つの場合がある。[今泉吉典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

冬毛の関連キーワードホッキョクギツネ(北極狐)ホンドリス(本土栗鼠)アメリカヌマジカノウサギ(野兎)カロク(花鹿)エゾユキウサギバラシンガジカエゾヤチネズミカンジキウサギアクシスジカミュールジカアナウサギノロ(獐)麞・麕・獐ツシマテンツシマジカシャモアおこじょジネズミダマジカ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬毛の関連情報