コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助ける スケル

3件 の用語解説(助けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

す・ける【助ける】

[動カ下一][文]す・く[カ下二]手伝う。たすける。
「いつも女の―・けるのは朝晩の忙しい時だけで」〈二葉亭平凡

たす・ける【助ける/扶ける/援ける/佐ける】

[動カ下一][文]たす・く[カ下二]
力を貸して、危険な状態から逃れさせる。救助する。「おぼれている子を―・ける」「命を―・ける」
経済的に困っている人などに金品を与えて苦しみ・負担を軽くする。救済する。「被災者を―・ける」
(「佐ける・輔ける・佑ける」とも書く)不十分なところを補い、物事がうまく運ぶように手助けする。助力する。補佐する。「仕事を―・ける」「家業を―・ける」
ある働きがより好ましい状態になるようにする。促進させる。促す。「成長を―・けるホルモン」「消化を―・ける」
倒れたり傾きそうになるのを支える。「子どもに―・けられて駅の階段をのぼる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すける【助ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 す・く
たすける。手伝う。 「何うか私しを-・けて気をつけてお呉れ/谷間の姫百合 謙澄」 「飯台ノ低イ方ニ板ヲ-・ケイ/日葡」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助けるの関連キーワード怖ける絎ける煤ける遠退ける蒸ける蓬ける痩けるささ・ける老けるふや・ける

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

助けるの関連情報