コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守る マブル

デジタル大辞泉の解説

まぶ・る【守る】

[動ラ四]まぼる」の音変化。
「わらはが顔をあいつに―・らせうと思うて」〈虎清狂・鏡男〉

まぼ・る【守る】

[動ラ四]
まもる1」に同じ。
「この雪の山いみじう―・りて、わらはべなどに踏み散らさせず」〈・八七〉
まもる4」に同じ。
「そもそもかしこに―・りてものせむ、世の中、いとはかなければ」〈かげろふ・下〉

ま‐も・る【守る/護る】

[動ラ五(四)]《「目(ま)守(も)る」の意》
侵されたり、害が及ばないように防ぐ。「犯罪から青少年を―・ろう」「身を―・る術」
決めたことや規則に従う。「約束を―・る」「教えを―・る」
相手の攻撃に備え、守備する。「ゴールを―・る」「外野を―・る」
目を離さずに見る。みまもる。
「庄兵衛は喜助の顔を―・りつつ」〈鴎外高瀬舟
様子を見定める。
「近江(あふみ)の海波恐(かしこ)みと風―・り年はや経なむ漕ぐとはなしに」〈・一三九〇〉
[可能]まもれる

も・る【守る】

[動ラ四]
見まもる。見張る。番をする。
「見し人のかげすみはてぬ池水にひとり宿―・る秋の夜の月」〈・夕霧〉
そばにいて、まもり育てる。
「殿を二歳の年より今年二十五になり給ふまで―・り奉りて」〈延慶本平家・二末〉
すきをうかがう。
「人目―・る我かはあやな花すすきなどかほにいでて恋ひずしもあらむ」〈古今・恋一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まぶる【守る】

( 動四 )
「まぼる(守)」の転。 「女一人-・つてゐる男とてはなけれども/浄瑠璃・大経師
じっと見る。 「面を-・られ生き恥かく/浄瑠璃・天の網島

まぼる【守る】

( 動四 )
まもる(守)」に同じ。 「死したる父が顔をつくづくと-・りて/曽我 1

まもる【守る】

( 動五[四] )
〔「目る」の意〕
大切な物が失われたり、侵されたりしないように防ぐ。 「国境を-・る」 「外敵から身を-・る」 「チャンピオンの座を-・る」 「留守を-・る」
決めたことに背かないようにする。 「約束を-・る」 「制限速度を-・る」 「沈黙を-・る」
目を離さないでじっと見る。見守る。 「省吾の顔を-・り乍ながら尋ねた/破戒 藤村」 「月の顔のみ-・られ給ふ/源氏 須磨
大事にする。世話をする。 「明け暮れ-・りてなでかしづく事限りなし/源氏 東屋
状況を見定める。 「足速あばやの小舟風-・り/万葉集 1400
[可能] まもれる

もる【守る】

( 動四 )
注意して見張る。番をする。まもる。 「山田-・る秋のかりいほに置く露はいなおほせどりの涙なりけり/古今 秋下
いつもそばにいて守る。保護する。 「しらとほふ小新田山の-・る山のうらがれせなな常葉にもがも/万葉集 3436
いつも見ていてすきをうかがう。 「心なき雨にもあるか人目-・りともしき妹に今日だに逢はむを/万葉集 3122

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

守るの関連キーワードディフェンディング情報セキュリティプロテクション命にかえる九字護身法株を守る武装中立脇後備え操を守る年の神万葉集護身刀浄瑠璃十善戒屋敷守護国番僧徳義世道河神

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守るの関連情報