コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揺曳 ヨウエイ

デジタル大辞泉の解説

よう‐えい〔エウ‐〕【揺×曳】

[名](スル)ゆらゆらとただようこと。また、音などがあとまで長く尾を引いて残ること。「霞(かすみ)が山麓に揺曳する」
「一種神秘の雰囲気が―しているように思われて」〈寅彦・物売りの声〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようえい【揺曳】

( 名 ) スル
ゆらゆらとたなびくこと。 「水平線に-する船の煙」
音などがあとあとまで尾を引いて残ること。 「楽音の-は/うづまき

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

揺曳の関連キーワード叡・営・嬰・影・映・曳・栄・榮・永・泳・洩・營・盈・穎・翳・英・衛・衞・裔・詠・鋭シャルドンヌ和田 繁二郎クリーリー田岡 嶺雲谷崎潤一郎中村 純一田岡嶺雲古典主義水平線楽音夕嵐

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揺曳の関連情報