コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摂する セッスル

デジタル大辞泉の解説

せっ・する【摂する】

[動サ変][文]せっ・す[サ変]
職務などを代わって行う。代理をする。また、兼務する。
「幼稚なる故松平確堂に命じて事を―・せしむるの趣き」〈染崎延房・近世紀聞〉
取り入れる。摂取する。
「これを左の数言に―・することを得」〈河上肇貧乏物語
もてなす。接待する。
「けしからず一夜―・して候ひしよ」〈謡・鵜飼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっする【摂する】

( 動サ変 ) [文] サ変 せつ・す
代行する。代理をする。また、兼務する。 「宇佐美夫人は幹事長にて副会長を-・する身なれば/緑簑談 南翠
収める。取り入れる。摂取する。包摂する。 「其の他の諸細目に至つてはすべて以上の大綱に-・せらるべきものと信ずる/文芸上の自然主義 抱月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

摂するの関連キーワードシェリング(Friedrich Wilhelm Joseph Schelling)ヨーロッパ安全保障協力機構ロズミーニ・セルバーティニューヨーク市立大学ポリス(都市国家)メウレウィー教団エレクテイオン進化主義人類学国際金融市場公害防止産業バランスキー否定的弁証法アティーシャアカルナニアランガージュ通信の秘密幸福追求権ティリンス二階堂行盛場所の論理

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android