コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

だ【×攤】

平安時代からの、さいころを使った遊戯の一。さいの目の大小で勝敗を決める。
「宮にも、殿上人集まりて―打ち、遊びするに」〈宇津保・あて宮〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だ【攤】

さいころを用いてする一種の勝負事。詳細は不明。 「いで、今宵の-つかうまつらむ/大鏡 師輔
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

攤の関連キーワードシャオシンチウラオチウ攤打つ賭博大鏡点心