コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改正信託業法(読み)かいせいしんたくぎょうほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

改正信託業法

信託に関する法律の「信託業法」は、2004年に抜本的に改正された。改正点には「信託業の規制緩和」「信託財産の拡大」「信託会社の二分化」「信託契約代理店制度の導入」の4つがある。「信託業の規制緩和」は、信託業が金融機関以外も行なえるようになったことである。「信託財産の拡大」とは、信託の対象が知的財産権(著作権、特許権など)を含む財産権一般に拡大されたことを指す。「信託会社の二分化」とは財産の運用・処分の裁量権を認める代わりに免許の取得を必要とする「一般信託会社」と、信託会社に財産の管理権のみを認め、登録のみを必要とする「管理型信託会社」の2つに信託会社を分類したこと。また、「信託契約代理店制度の導入」とは、信託契約においても、利用者と信託会社を取り次ぐ代理店の存在を認めたことである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる