コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改正信託業法 かいせいしんたくぎょうほう

1件 の用語解説(改正信託業法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

改正信託業法

信託に関する法律の「信託業法」は、2004年に抜本的に改正された。改正点には「信託業の規制緩和」「信託財産の拡大」「信託会社の二分化」「信託契約代理店制度の導入」の4つがある。「信託業の規制緩和」は、信託業が金融機関以外も行なえるようになったことである。「信託財産の拡大」とは、信託の対象が知的財産権(著作権、特許権など)を含む財産権一般に拡大されたことを指す。「信託会社の二分化」とは財産の運用・処分の裁量権を認める代わりに免許の取得を必要とする「一般信託会社」と、信託会社に財産の管理権のみを認め、登録のみを必要とする「管理型信託会社」の2つに信託会社を分類したこと。また、「信託契約代理店制度の導入」とは、信託契約においても、利用者と信託会社を取り次ぐ代理店の存在を認めたことである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改正信託業法の関連キーワード信託銀行遺言信託信託会社信託財産信託法金融商品取引業者信託業投信法投資信託及び投資法人に関する法律

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone