コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政見放送 せいけんほうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政見放送
せいけんほうそう

選挙期間中に候補者ラジオテレビ放送で行なう政見発表のこと。衆議院選挙,参議院選挙,都道府県知事選挙の候補者は,公費負担により1人5分 30秒の政見放送をテレビとラジオで行なうことができる。 1948年にラジオによる経歴放送が導入されたのが始まりであるが,69年からテレビの政見放送が開始された。世論調査に基づく研究によると,政見放送を見たことが有権者の得票行動に影響を与えたというケースはあまりないようである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいけん‐ほうそう〔‐ハウソウ〕【政見放送】

公職選挙法に基づき、衆参両院議員・都道府県知事選挙の立候補者がその政見を発表するラジオ・テレビ放送。放送局はその内容について責任を直接問われない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいけんほうそう【政見放送】

公職選挙法にのっとり、衆参両院議員・都道府県知事選挙の立候補者が、自己の政見を発表する放送。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

政見放送の関連キーワード公認候補と無所属候補選挙運動と手話通訳放送史(年表)radiko青島 幸男選挙放送青島幸男選挙運動選挙公営障害者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政見放送の関連情報