コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救農議会 きゅうのうぎかい

1件 の用語解説(救農議会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうのうぎかい【救農議会】

1932年8月23日から9月4日にかけて開かれた第63回帝国議会(臨時)の別称。1930年に始まる昭和恐慌の影響は深刻な農村窮乏をもたらし,激しい小作争議と32年の血盟団事件五・一五事件に代表される急進右翼運動を引き起こした。五・一五事件参加者の一部が農民であったことも農村問題を重大な政治問題化させる原因となった。当時,斎藤実内閣は強硬外交と農村救済の二大政策を掲げ,32年6月1日から14日にかけて第62回帝国議会(臨時)を開催した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

救農議会の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone