コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救農議会 きゅうのうぎかい

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうのうぎかい【救農議会】

1932年8月23日から9月4日にかけて開かれた第63回帝国議会(臨時)の別称。1930年に始まる昭和恐慌の影響は深刻な農村窮乏をもたらし,激しい小作争議と32年の血盟団事件,五・一五事件に代表される急進右翼運動を引き起こした。五・一五事件参加者の一部が農民であったことも農村問題を重大な政治問題化させる原因となった。当時,斎藤実内閣は強硬外交と農村救済の二大政策を掲げ,32年6月1日から14日にかけて第62回帝国議会(臨時)を開催した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

救農議会の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android