コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教相 キョウソウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐そう〔ケウサウ〕【教相】

仏語。
釈迦(しゃか)が一生の間に説いた教えにみられる相違や特徴。
密教で、実践的な修行に対して、教義を理論的に研究する面。→事相
教相判釈」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうそう【教相】

〘仏〙
釈迦の説いたさまざまの教法の様相・特色。
密教で、教義の部門のこと。 ↔ 事相

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の教相の言及

【教相判釈】より

…教相,教判などとも略称される。釈迦が菩提樹下に成道して以後,沙羅双樹林に涅槃するまでに説法した無数の経典を仏教の教えの諸相(教相)へ分類(判)してその順序次第を説明(釈)することにより仏教経典の根本真理と仏道修行の究極目標を確立しようとする経典解釈法のこと。…

※「教相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教相の関連キーワードヒェル・マグネ ボンデヴィックヨルギオス パパンドレウP. ボンビチト賢者ナータン誓願房正定ボンビチト権田 雷斧三教融合論栂尾 祥雲教観二門五教十宗二双四重五時八教鄭 元植恵檀二流阿娑縛抄五重相対和田智満出定後語南三北七