コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事相 じそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事相
じそう

仏教用語。密教において威儀行法などの実際上の修法に関することをいう。これに対し教理的な方面を教相といい,両者表裏一体をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じそう【事相】

事柄の様子。事の成り行き。 「つら〱人情世界の-を観ずるに/福翁百話 諭吉
密教で、灌頂かんじよう・修法など実践的な方面のこと。 ↔ 教相

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事相
じそう

真言密教における実際修行の面をいう。密教の内容を分類した場合に、教相(きょうそう)と事相との二門となるが、教相とは教理的方面の攻究をさし、事相とは実際修行の方法はいかにすべきかを説明する方面をいう。教相は事相の上の原理を説明し、事相は教相の原理のうえにたち事作法(実践行)を行う。したがって、事相・教相は鳥の双翼、車の両輪のように一体でなければならない。[小野塚幾澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事相の関連キーワードカストロ(Raúl Castro Ruz)アルカラ・サモララウル カストロ明治文化研究会小野塚 与澄清水谷 恭順土師原 穆秀金山 穆韶権田 雷斧栂尾 祥雲青木 融光神林 隆浄布施 浄戒児玉 雪玄高井 観海シコルスキ醍醐の三流誓願房正定岩原 諦信網代 智海

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android