コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕事と日々 しごととひびErga kai Hēmerai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仕事と日々
しごととひび
Erga kai Hēmerai

ギリシアの詩人ヘシオドスの教訓叙事詩。「農と暦」の意味。 828行から成る。父の遺産の独占をねらう弟ペルセスへの警告から始めて,プロメテウスパンドラの神話や,金,銀,銅,英雄,鉄の人間5代説や,たかとうぐいす寓話を用いて正義と悪の問題を論じ,労働の必要と正しさ,ゼウスの正義の勝利を説いてから本論に入り,農作業の適切な時期を星座の運行と鳥獣の動きで教え,農具,飼育,休養,衣服などについて指示を与え,航海に関する簡単な忠告をつけ加え,さらに結婚,友情,禁忌など社会的宗教的生活についても教訓を並べ,最後におもに農事に関して吉凶を説く。しかしこの最後の部分は偽作の疑いもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しごととひび【仕事と日々】

《原題、〈ギリシャErga kai Hēmerai》紀元前8世紀ごろのギリシャの詩人、ヘシオドスによる教訓詩。828行からなる叙事詩で、農民にとって必要な日常生活の知恵や心がけについてうたう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

仕事と日々の関連キーワードアウトゥールゴイジャンケレビチイソップ物語ギリシア文学ギリシア神話イーリアス黄金時代ギリシア説話文学ディケ農書

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仕事と日々の関連情報