コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕事と日々 しごととひびErga kai Hēmerai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仕事と日々
しごととひび
Erga kai Hēmerai

ギリシアの詩人ヘシオドスの教訓叙事詩。「農と暦」の意味。 828行から成る。父の遺産の独占をねらう弟ペルセスへの警告から始めて,プロメテウスパンドラの神話や,金,銀,銅,英雄,鉄の人間5代説や,たかとうぐいす寓話を用いて正義と悪の問題を論じ,労働の必要と正しさ,ゼウスの正義の勝利を説いてから本論に入り,農作業の適切な時期を星座の運行と鳥獣の動きで教え,農具,飼育,休養,衣服などについて指示を与え,航海に関する簡単な忠告をつけ加え,さらに結婚,友情,禁忌など社会的宗教的生活についても教訓を並べ,最後におもに農事に関して吉凶を説く。しかしこの最後の部分は偽作の疑いもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

仕事と日々の関連キーワードアウトゥールゴイジャンケレビチギリシア文学ギリシア神話イソップ物語イーリアス説話文学黄金時代ギリシアディケ農書

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仕事と日々の関連情報