コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕事と日々 しごととひびErga kai Hēmerai

2件 の用語解説(仕事と日々の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仕事と日々
しごととひび
Erga kai Hēmerai

ギリシアの詩人ヘシオドスの教訓叙事詩。「農と暦」の意味。 828行から成る。父の遺産の独占をねらう弟ペルセスへの警告から始めて,プロメテウスパンドラの神話や,金,銀,銅,英雄,鉄の人間5代説や,たかとうぐいすの寓話を用いて正義と悪の問題を論じ,労働の必要と正しさ,ゼウスの正義の勝利を説いてから本論に入り,農作業の適切な時期を星座の運行と鳥獣の動きで教え,農具,飼育,休養,衣服などについて指示を与え,航海に関する簡単な忠告をつけ加え,さらに結婚,友情,禁忌など社会的宗教的生活についても教訓を並べ,最後におもに農事に関して暦の吉凶を説く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仕事と日々の関連情報