コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間論 にんげんろんAn Essay on Man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間論
にんげんろん
An Essay on Man

イギリスの詩人 A.ポープ思想詩。 1733~34年に,初め匿名で出版された。ボリングブルック卿にあてた4つの書簡詩という形式をとり,詩型ヒロイック・カプレット。第1書簡では人間と神および宇宙との関係を説き,「存在の連鎖」の思想を述べる。第2書簡は人間の本性,その心理的特色を述べ,理性と欲望の調和を説く。第3書簡は人間と社会との関係を取上げ,社会が原始状態から文明へと発展する姿を跡づける。やや遅れて出た第4書簡は幸福とは何かを論じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にんげんろん【人間論】

《原題An Essay on Manポープの詩作品。1733年から1734年にかけて発表。書簡形式で書かれた啓蒙詩。
《原題、〈フランス〉Esquisses de l'hommeアランの著書。1927年刊行。ノルマンディーの地方紙に1906年から1914年にかけて連載され、第一次大戦後も複数の新聞や雑誌で発表された「プロポ(哲学的断章)」の中から、人間のあり方に関する論考を抜粋してまとめたもの。人間の素描。→幸福論

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にんげんろん【人間論 An Essay on Man】

イギリスの詩人ポープによる哲学詩。1733‐34年刊。古典詩の一つの重要な形式としての書簡体を選び,親友ボリングブルックにあてた形式をとり,4部に分かれる。〈人間研究こそ正しき知識の目標〉と断言して,理性的宇宙秩序の中に置かれた人間存在を考察する。英雄対韻句をみごとに駆使しているが,18世紀合理主義の楽天性,思想的平板さは否定できない。【川崎 寿彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人間論の関連キーワードオルテガ・イ・ガセットポウル アルトハウスアドルフ ポルトマンメーヌ・ド・ビランマックス ピカートD.J. モリスマールブランシュ生の悲劇的感情オルフェウス教モラトリアム秋山 さと子カッシーラーズナニエツキエルベシウスアルトハウスクレルスリエドルバックポルトマン梅本 克己真理の探究

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人間論の関連情報