コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛の技術 あいのぎじゅつArs amatoria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛の技術
あいのぎじゅつ
Ars amatoria

ローマの詩人オウィディウスのエレゲイア詩。3巻。前1年刊。1~2巻は男に,3巻は女に,それぞれ異性の心をとらえる手管を説く恋愛指南の書で,一種の教訓詩ユーモア機知,人間に対する洞察に満ち,当時のローマの都会生活の一面がよく描かれている。平和なローマの遊蕩的な上流社会に大いに受けたが,その不道徳性のゆえに,綱紀引締めの政策をとっていたアウグスツス帝の不興をこうむり,作者は8年に黒海沿岸のトミスに追放されたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あいのぎじゅつ【愛の技術】

《原題、〈ラテン〉Ars amatoria》古代ローマの詩人、オウィディウスによる叙情詩。紀元1年頃の作品。全3巻からなる恋愛指南書で、1、2巻が男性向け、3巻が女性向けの内容。性的描写が露骨だったことから皇帝アウグストゥスの怒りを買い、著者がローマから黒海沿岸のトミスに追放されるきっかけとなったとされる。別邦題「恋愛術」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

愛の技術の関連キーワードクレチアン・ド・トロアポルノグラフィー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android