コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散らす チラス

デジタル大辞泉の解説

ちら・す【散らす】

[動サ五(四)]
くっついているものを離し落とす。ばらばらに散るようにする。散乱させる。「花を―・す無情の嵐」「火花を―・す」「紋様を―・す」
あちらこちらに配る。ふりまく。分配したり、分離させたりする。「花札を―・す」「びらを―・す」「内角、外角へと球(たま)を―・す」
気持ちをあちこちへ向けて集中力をなくする。「気を―・さずに仕事をしなさい」
はれ・しこり・痛みなどを、切開しないで押さえたり、なくしたりする。「盲腸炎を―・す」「鬱血(うっけつ)を―・す」
散らかす。「ごみを―・す」
言い広める。言いふらす。
「ゆめゆめ心より外には人に―・すべからず」〈今昔・三〇・六〉
紛失する。
「よべの御文…―・してけると推し量り給ふべし」〈・夕霧〉
動詞の連用形に付いて、広い範囲に及ぶようにする、また、あらあらしく…する、むやみに…する意を表す。「まき―・す」「蹴(け)―・す」「わめき―・す」
[可能]ちらせる
[下接句]顔に紅葉(もみじ)を散らす蜘蛛(くも)の子を散らす算を散らす火花を散らす紅葉を散らす

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちらす【散らす】

( 動五[四] )
草木の葉や花をばらばらに落とす。 「花を-・す雨」
まとまっていた人や物をばらばらに乱す。ちらかす。 「滴を-・す」 「物も-・しながら、逃ぐる者からむるやうに/落窪 1
一か所にまとまらないように置く。 「兵を-・す」 「金箔きんぱくを-・す」
集中力や憂鬱な気分を分散させて、消えるようにする。 「気を-・さないで勉強しなさい」 「悲かなしみも恐おそれも怒りも歌には自然に紛れ去り鬱を-・すの種子たねにもなればや/谷間の姫百合 謙澄
れ・炎症などを、手術によらずにおさまるようにする。 「虫垂炎を切らずに-・す」
(命を花にたとえて「命を散らす」の形で)元気な若い人が、戦いなどで命を落とす。
失う。なくす。 「 - ・すまじき文どもを一合、判官に取られてあるぞ/平家 11
口外する。言いふらす。 「かう申したりとな-・し給ひそ/枕草子 277
動詞の連用形に付いて、細かい点を気にせずに…する、荒々しく…する、の意を表す。 「あちこちに書き-・した文章」 「ごちそうを食い-・す」 「部下をどなり-・す」 〔「散る」に対する他動詞〕
[可能] ちらせる
[慣用] 蜘蛛の子を-よう ・算を- ・火花を- ・紅葉を-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

散らすの関連情報