コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散らす チラス

2件 の用語解説(散らすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちら・す【散らす】

[動サ五(四)]
くっついているものを離し落とす。ばらばらに散るようにする。散乱させる。「花を―・す無情の嵐」「火花を―・す」「紋様を―・す」
あちらこちらに配る。ふりまく。分配したり、分離させたりする。「花札を―・す」「びらを―・す」「内角、外角へと球(たま)を―・す」
気持ちをあちこちへ向けて集中力をなくする。「気を―・さずに仕事をしなさい」
はれ・しこり・痛みなどを、切開しないで押さえたり、なくしたりする。「盲腸炎を―・す」「鬱血(うっけつ)を―・す」
散らかす。「ごみを―・す」
言い広める。言いふらす。
「ゆめゆめ心より外には人に―・すべからず」〈今昔・三〇・六〉
紛失する。
「よべの御文…―・してけると推し量り給ふべし」〈・夕霧〉
動詞の連用形に付いて、広い範囲に及ぶようにする、また、あらあらしく…する、むやみに…する意を表す。「まき―・す」「蹴(け)―・す」「わめき―・す」
[可能]ちらせる
[下接句]顔に紅葉(もみじ)を散らす蜘蛛(くも)の子を散らす算を散らす火花を散らす紅葉を散らす

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちらす【散らす】

( 動五[四] )
草木の葉や花をばらばらに落とす。 「花を-・す雨」
まとまっていた人や物をばらばらに乱す。ちらかす。 「滴を-・す」 「物も-・しながら、逃ぐる者からむるやうに/落窪 1
一か所にまとまらないように置く。 「兵を-・す」 「金箔きんぱくを-・す」
集中力や憂鬱な気分を分散させて、消えるようにする。 「気を-・さないで勉強しなさい」 「悲かなしみも恐おそれも怒りも歌には自然に紛れ去り鬱を-・すの種子たねにもなればや/谷間の姫百合 謙澄
れ・炎症などを、手術によらずにおさまるようにする。 「虫垂炎を切らずに-・す」
(命を花にたとえて「命を散らす」の形で)元気な若い人が、戦いなどで命を落とす。
失う。なくす。 「 - ・すまじき文どもを一合、判官に取られてあるぞ/平家 11
口外する。言いふらす。 「かう申したりとな-・し給ひそ/枕草子 277
動詞の連用形に付いて、細かい点を気にせずに…する、荒々しく…する、の意を表す。 「あちこちに書き-・した文章」 「ごちそうを食い-・す」 「部下をどなり-・す」 〔「散る」に対する他動詞〕
[可能] ちらせる
[慣用] 蜘蛛の子を-よう ・算を- ・火花を- ・紅葉を-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散らすの関連キーワード飽かす離す引っ付く穿り出すくっ付く扱き落す突崩す取離す引剥がす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

散らすの関連情報