コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散氏盤 さんしばんSan-shi-pan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散氏盤
さんしばん
San-shi-pan

中国,西周後期の 19行 350字の銘文を有する盛水用銅器。口径 50.5cm,高さ 20.5cmで,き竜文饕餮文が施され,銘文にはそくの国と散 (さん) の国の境界に関する契約が書かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

散氏盤【さんしばん】

中国出土の口径50.5cm,高さ20.5cmの盛水用青銅器。盤の内側には349字の銘文があり,内容は西)後期の【そく】,散の両国間の境を定めた契約書となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

散氏盤の関連キーワードマル優制度オルソクロマチック私立小中の授業料補助慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意コンスタンスマグネンティウスモスバルコンスタンスマグネンチウス寄与度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android