コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散氏盤 さんしばんSan-shi-pan

2件 の用語解説(散氏盤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散氏盤
さんしばん
San-shi-pan

中国,西周後期の 19行 350字の銘文を有する盛水用銅器。口径 50.5cm,高さ 20.5cmで,き竜文や饕餮文が施され,銘文にはそくの国と散 (さん) の国の境界に関する契約が書かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

散氏盤【さんしばん】

中国出土の口径50.5cm,高さ20.5cmの盛水用青銅器。盤の内側には349字の銘文があり,内容は西周()後期の【そく】,散の両国間の境を定めた契約書となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

散氏盤の関連キーワードマル優制度私立小中の授業料補助手形訴訟電子工業日本町弥勒第3のビール人民武装警察部隊モロ・イスラム解放戦線MILF

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone