コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数秘学 すうひがくnumerology

翻訳|numerology

世界大百科事典 第2版の解説

すうひがく【数秘学 numerology】

数を使って事物の本性,とくに人物の性格・運命や未来のできごとを解明・予見する西洋古来の占術。数は万物の原理であり,宇宙のいっさいは数に則って秩序化されているというピタゴラス学派の哲学や,カバラ的聖書解釈法ゲマトリアの伝統に基づくものと思われる。古代のアルファベット音価だけではなく数値をもっていたので,文字で表される言葉もしくは観念は同時に一定の数値をもつことになる。この数値を同じくするものは照応関係によって隠れた結びつきをしていると考えられ,したがって占いにも応用することができるわけである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

占い用語集の解説

数秘学

数字を用いた占術のひとつで、数秘術ともいう。占う人物の生年月日姓名などから、固有の計算式に基づいて、先天的な個性や、運勢傾向やを占う。ギリシャの数学者・ピタゴラス創始者とされている。「カバラ思想」と結び付けられることが多く、その原理は占星術タロットカードエニアグラムなどにも取り入れられ、応用されている。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

数秘学の関連キーワードオカルティズム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android