コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敵産管理 てきさんかんり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敵産管理
てきさんかんり

戦時において,交戦国が自国領域内にある敵国人の主として私有財産をその管理下におくこと。その私有財産を敵国が利用するのを防止するとともに,自国の戦時経済を維持するためにとられる措置であるが,総力戦の形をとった第1次世界大戦以降は敵産管理はきびしくなり,戦時非常措置として敵国人の財産,事業などの清算ないし処分さえも行われるようになった。敵産管理の対象となった私有財産は,本来終戦後管理を解いて返還されるべきものであるが,戦勝国にあった敗戦国の国民の財産は賠償の一部に充当されることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てきさんかんり【敵産管理 custody of enemy property】

戦争勃発にあたり,交戦国は自国領土内にある敵の公有財産のみならず,敵により軍事作戦行動のために用いられる私有財産の撤収を防止するため,私有財産尊重の原則の存在にもかかわらず,それらを管理することができる。これを敵産管理という。たとえばイギリスの1939年対敵通商法は,敵への金銭支払を防ぎ,平和回復時の取決めを予期して敵財産を保管するために敵産管理人を任命する規定をおいた。第2次世界大戦中,連合国内の敵財産は,管理または類似の行政措置のもとにおかれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android