コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷山城跡 しきやまじょうあと

2件 の用語解説(敷山城跡の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

敷山城跡

 南北朝時代のはじめの1336年、足利尊氏[あしかがたかうじ]に対立する清尊[せいそん]と教乗[きょうじょう]が、矢筈ヶ岳にあった験観寺[けんかんじ]に立てこもったことから、このように呼ばれています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

しきやまじょうあと【敷山城跡】


山口県防府市牟礼にある城跡。南北朝時代、周防(すおう)国衙(こくが)の役人であった清尊(せいそん)・教乗(きょうじょう)や大内弘世(ひろよ)の叔父弘直(ひろなお)が、足利尊氏(あしかがたかうじ)方と戦った山城跡である。佐波川左岸、矢筈ヶ岳(標高460m)の南面8合目あたりに位置し、1571年(元亀2)まで敷山験観寺(けんかんじ)という寺院があった。1333年(元弘3)、後醍醐(ごだいご)天皇が鎌倉幕府を倒して建武の新政が始まったが、1336年(延元1・建武3)、これに反対する足利尊氏らが挙兵し、天皇方は比叡山に追いやられた。同年、周防国衙の役人であった清尊・教乗らは天皇方に呼応して兵を起こし、験観寺を城として立てこもった。尊氏方の石見(いわみ)国守護上野頼兼(よりかね)を総大将に、安芸、長門、石見の軍勢が攻め入り激戦は十数日続いたが、城は落城し、清尊・教乗は自害した。寺院の12ヵ所の寺坊を戦いのために城として利用したもので、城郭の遺構はない。清尊らが立てこもった本堂の礎石や寺坊跡などが残っている。この地方での南北朝時代の始まりを示すものとして、1935年(昭和10)に国の史跡に指定された。JR山陽本線防府駅から防長バス「敷山」下車、徒歩約1時間。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

敷山城跡の関連キーワード山口県防府市大崎山口県防府市国衙山口県防府市寿町山口県防府市佐波山口県防府市高井山口県防府市多々良山口県防府市浜方山口県防府市牟礼山口県防府市牟礼今宿山口県防府市牟礼柳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone