コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷銭 シキセン

デジタル大辞泉の解説

しき‐せん【敷銭】

中世、担保物件取り戻しのための返済金。本銭。
中世、荘園の管理人などが、本家・領家に身分保証のために前納した金銭。敷金。
婚姻などの際の持参金。しきがね。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しきせん【敷銭】

中世、荘園・所領の代官職につくための身元保証金。辞任のとき返してもらった。
中世、不動産を担保に借金したときの買い戻し代金。
敷金しきがね 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

敷銭の関連キーワード身元保証金管理人不動産敷金金銭荘園本家領家辞任中世所領担保

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android