六角氏式目(読み)ろっかくししきもく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六角氏式目
ろっかくししきもく

義治式目』ともいう。近江南半の戦国大名六角氏 (佐々木氏) の分国法義賢,義治 (義弼) 父子の制定。永禄 10 (1567) 年成立。 67ヵ条。有力な被官と大名との間に順守すべき事項を起請するという形式をとっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろっかくし‐しきもく〔ロクカクシ‐〕【六角氏式目】

戦国時代の六角氏の分国法。67条。永禄10年(1567)成立。重臣が起草したものを、六角義治と父義賢が承認する形をとり、農民支配や民事関係の規定に詳しい。義治式目

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろっかくししきもく【六角氏式目】

近江国南半を領した大名六角氏が1567年(永禄10)4月に制定した67ヵ条よりなる分国法。〈義治(よしはる)式目〉とも呼ばれるが,原題は〈置目〉であり,諸伝本には六角義治の署判のものだけでなく,義治とその父六角承禎(じようてい)(六角義賢)の連署のものがあり,当時の実情からいって後者が原形を正しく伝えているので,この名称はふさわしくない。この分国法は1563年の観音寺騒動という内乱,つづいて66年の浅井長政との戦いにおける惨敗という六角氏危急存亡のときに,領国の支配体制再建を目的として制定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろっかくししきもく【六角氏式目】

六角義治と父義賢の制定した分国法。1567年成立。重臣との合議により制定され、主従がこの法の遵守を誓うという特異な形式をとる。売買法・訴訟手続法・年貢収納法など民事規定が多い。義治式目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六角氏式目
ろっかくししきもく

戦国大名六角氏が1567年(永禄10)4月に制定した家法、分国法。義治(よしはる)式目ともいう。全67条。ほかに起請文(きしょうもん)8条および6条の追加がある。起請文は三上恒安(みかみつねやす)以下20人の六角氏重臣が署判する5条とそれに対応する六角承禎(じょうてい)(義賢(よしかた))、義治(よしはる)(義弼(よしすけ))が署判した3条よりなるが、ここに式目が重臣により起草され、六角氏が承認したという制定手続および相互遵守の誓約が明示されている。また条文も所領相論、刑事犯罪、債務関係など多岐にわたるが、訴訟手続や年貢収納など農民支配に特色があり、内容も六角氏の権限や恣意(しい)的行為を制約するものが半数を超えている。それゆえ、この式目は領主権益の擁護を目的として、領主相互の協約と六角氏の権限の制約という二つの特質をもつといわれる。式目制定の背景には重臣を暗殺した観音寺(かんのんじ)騒動(1563)による家臣の離反や浅井氏との合戦があるが、近江(おうみ)の先進的社会状況が強く反映している。[宮島敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ろっかくし‐しきもく ロクカク‥【六角氏式目】

〘名〙 戦国時代の六角氏の分国法。六七条。永祿一〇年(一五六七)成立。重臣が起草したものを、六角義治と父義賢が承認する形をとり、農民支配や民事関係の規定に詳しい。義治式目。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の六角氏式目の言及

【馬淵氏】より

…その活動は軍事的な行動が中心であった。六角氏が織田信長に滅ぼされる直前の1567年(永禄10)に制定された《六角氏式目》には,20人の重臣たちの連署による起請文があるが,その中に山城入道宗綱と兵部少輔建綱の名前が見え,馬淵氏が最後まで六角氏と運命をともにしたことがうかがえる。【細溝 典彦】。…

※「六角氏式目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android