コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文語文法 ブンゴブンポウ

デジタル大辞泉の解説

ぶんご‐ぶんぽう〔‐ブンパフ〕【文語文法】

文語文、または古文にみられる言葉遣いのきまり。学校教育の場では、特に平安時代の和文にみられるものを中心としてまとめられた文法をいう。古典文法。文語法。⇔口語文法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

文語文法【ぶんごぶんぽう】

文語,すなわち主として平安中期の日本語の体系に基づいて構成されている文章語の文法。1905年文部省告示による〈文法上許容ニ関スル事項〉が出てから,文語文法とは,教科書文法における,平安時代の文法と普通文(明治以後の標準的文語文)の文法との混合文法をさすようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんごぶんぽう【文語文法】

文語文の文法。
古典語の文法。平安時代、特に一一世紀初め頃の物語・和歌に使われた言語を中心としてまとめられた文法。文語法。
▽↔ 口語文法

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

文語文法の関連キーワードコワレフスキーベー・リンチン湯沢 幸吉郎係り結び山口瑞鳳活語指南学校文法ポッペ活用形国語学候文

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android