コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤喜博 さいとう きはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤喜博 さいとう-きはく

1911-1981 昭和時代の教育者,歌人。
明治44年3月20日生まれ。昭和27年群馬県の島村小学校校長となり,子供の可能性をのばす教育実践をおこない,その教育は「島小教育」と呼ばれた。個人雑誌「開く」を発行。49年宮城教育大教授。またアララギ派の歌人で,歌誌「ケノクニ」を主宰。「斎藤喜博全集」がある。昭和56年7月24日死去。70歳。群馬県出身。群馬師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいとうきはく【斎藤喜博】

1911~1981) 教育者・教育学者。アララギ派歌人。群馬県生まれ。群馬師範学校卒。子供を主体とする教育を追求した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤喜博
さいとうきはく
(1911―1981)

教育研究家。群馬県佐波(さわ)郡芝根村(現、玉村町)に生まれる。1930年(昭和5)群馬県師範学校卒業。長く小学校教員を務め、1952年(昭和27)佐波郡島村小学校長、1964年境小学校長となる。また戦後一時期、教員組合役員としても活躍。民主主義教育のあり方を授業実践のなかで厳しく追究し、民間教育運動や教授学研究に大きな影響を与えた。主著に『未来につながる学力』(1957)、『授業入門』(1960)がある。[三原芳一]
『『斎藤喜博全集』(第1期全18巻・1969~1971、第2期全12巻・1983、1984・国土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

斎藤喜博の関連キーワード斎藤 喜博向山洋一昭和時代教育者教員主体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android