コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜面災害 シャメンサイガイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斜面災害
しゃめんさいがい

斜面構成物質が、豪雨や地震などを契機に崩れ落ちたり滑ったりする現象をマスムーブメントmass movementという。これにより人命や財貨に損失を被ったときを斜面災害といい、一般に、運動様式やマスの規模に基づき、地すべり、崩壊、土石流に大別する。地すべりは、比較的緩斜面をゆっくり継続的・周期的に移動する。明瞭(めいりょう)なすべり面をもつことが多く、しばしば地すべり粘土を挟む。特定の地質や地質構造に支配される傾向があり、わが国では新第三紀泥岩地帯、結晶片岩地帯、温泉変質地帯に多い。崩壊は、地質のいかんにかかわらず急斜面に発生し、移動速度は速いが、地すべりに比して規模が小さい。発生位置により、山崩れ、崖(がけ)崩れなどと区別してよばれる。土石流は、渓流に沿って土砂が急激に流下する現象をいう。土石流を斜面災害から除き、狭義の斜面災害である地すべり、崩壊とあわせて土砂災害ということもある。しかし、土石流は上流部の崩壊に端を発しているのが大部分である。通常の土石流より含水量が圧倒的に多いものを俗に鉄砲水、山津波という。[岩松 暉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

斜面災害の関連キーワード国土防災技術山地

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android