コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜面災害 シャメンサイガイ

2件 の用語解説(斜面災害の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃめん‐さいがい【斜面災害】

山地などの傾斜地が豪雨や地震などにより崩れ落ち、人命や財産などに被害を及ぼすこと。崖崩れ地滑り土石流などを指す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斜面災害
しゃめんさいがい

斜面構成物質が、豪雨や地震などを契機に崩れ落ちたり滑ったりする現象をマスムーブメントmass movementという。これにより人命や財貨に損失を被ったときを斜面災害といい、一般に、運動様式やマスの規模に基づき、地すべり、崩壊、土石流に大別する。地すべりは、比較的緩斜面をゆっくり継続的・周期的に移動する。明瞭(めいりょう)なすべり面をもつことが多く、しばしば地すべり粘土を挟む。特定の地質や地質構造に支配される傾向があり、わが国では新第三紀泥岩地帯、結晶片岩地帯、温泉変質地帯に多い。崩壊は、地質のいかんにかかわらず急斜面に発生し、移動速度は速いが、地すべりに比して規模が小さい。発生位置により、山崩れ、崖(がけ)崩れなどと区別してよばれる。土石流は、渓流に沿って土砂が急激に流下する現象をいう。土石流を斜面災害から除き、狭義の斜面災害である地すべり、崩壊とあわせて土砂災害ということもある。しかし、土石流は上流部の崩壊に端を発しているのが大部分である。通常の土石流より含水量が圧倒的に多いものを俗に鉄砲水、山津波という。[岩松 暉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斜面災害の関連キーワード霜道傾斜計芸予地震崖崩れ傾斜法面土砂崩れ急傾斜地崩壊危険区域耕地の傾斜の密度棚田・谷地田

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斜面災害の関連情報