コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断路器 ダンロキ

3件 の用語解説(断路器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だんろ‐き【断路器】

高電圧の電気回路に使われるスイッチ。回路に電流が流れていない状態で、回路の開閉を行うために使用する。変電所などで送電系統を切り替えたり、保守点検を行う際に機器を回路から確実に切り離したりするために使用される。断路器には電源を遮断する機能はなく、遮断器電流を遮断してから、断路器を開放して回路から切り離す。ジスコン。DS(disconnect switch)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だんろき【断路器 disconnector】

点検などのため電源から回路部分を切り離したり,または回路の構成を変更するため,母線,接続線,ブッシングの充電電流や計器用変成器,または分圧器の電流など,定格電圧のもとに単に充電された部分を流れる電流を開閉する装置。負荷電流の開閉をたてまえとしないから,直列に接続されている遮断器,ヒューズなどで負荷を切ってから開閉操作を行う。 種類,形式は種々あり,比較的低電圧のものでは刃形開閉器に似た銅帯のブレードを用い,高電圧では銅管,鋼材の腕に銅帯を付したブレードなどが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断路器
だんろき
disconnecting switch

3000ボルトの高圧電路から50万ボルトなどの超々高圧電路に至るまで使われる、電路の「開」状態、あるいは「閉」状態を保持するために用いられる開閉器。このことから、断路器は開閉時のアークを消弧する責務はもたせていない。しかし、電流遮断能力のある遮断器に至るごく短い範囲の小さな充電電流程度は遮断できなければならない。このため高電圧用では消弧ホーンを取り付けたものがあり、これを線路開閉器とよぶ場合もある。断路器には単極と三極とがあり、単極断路器は絶縁棒(フック金具)を使う人力操作によるものが多い(図A)が、三極断路器は圧縮空気または電磁力操作によるものが多く、遠隔操作も可能である。
 断路器は電路の一部を無電圧にし電力設備の保守点検、あるいは電路構成変更の際「開」状態を保持するために用いられる。このため、遮断器や電路主要機器と直列構成あるいは母線間の連係として用いられる。また図Bで示すように、甲母線と乙母線が別の母線連絡電路等で連結されている状態では、甲母線から乙母線に切り替えるような開閉操作は、断路器で行う。[岡村正巳・大浦好文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断路器の関連キーワード紙切り切れ端ストリップス債螺子切り離合詩切離し個別バイアス回路

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

断路器の関連情報