コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多極構造 たきょくこうぞう multipolar system

1件 の用語解説(多極構造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多極構造
たきょくこうぞう
multipolar system

いくつかの大国に大きな力が配分され,しかもそれらの大国の間に固定的な同盟関係が存在しない国際体系の構造をいう。具体的には,1970年代に入って国際関係が多様化,複雑化し,従来二極構造 (→二極体制 ) を形成していた米ソ両超大国だけでなく,核保有国として国連に加盟した中国,経済的・政治的・軍事的な共同体としての西ヨーロッパ,驚異的な経済発展をとげた日本などが国際政治の主要な勢力と認められるようになり,多極化した状況をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多極構造の関連キーワード分割幾重合する大区梯団枝分れ馬鹿の大足サブタイプ貼り合せるオナカの大きな王子さま

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多極構造の関連情報