コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯許り カバカリ

デジタル大辞泉の解説

か‐ばかり【×許り】

[副]
これくらい。この程度。これしき。「斯許りの傷にはひるまない」
これほどまで。こんなにも。「斯許り難儀するとは思いも寄らなかった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かばかり【斯許り】

( 副 )
こんなにも。これほど。 「 -われに従ふ心ならば、思ひ懲りなん/源氏 帚木
この程度。これくらい。これしき。 「 -になりては、飛びおるとも降りなん/徒然 109

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斯許りの関連キーワード降り