コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然のみ サノミ

デジタル大辞泉の解説

さ‐のみ【然のみ】

[副]《副詞「さ」+副助詞「のみ」から》
(あとに打消しの語を伴って用いる)それほど。さほど。
「―運動にはならないでも」〈里見弴・今年竹〉
そのように一概に。
「今より後は、まして―なむ思う給へらるべき」〈帚木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さのみ【然のみ】

( 副 )
〔副詞「さ」に強意の助詞「のみ」の付いた語。現代では下に打ち消しを伴う〕
それほど。たいして。 「背は…-高いといふ程でもないが/浮雲 四迷
そのように。そう一概に。 「よき人は知りたることとて、-知り顔にやは言ふ/徒然 79

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然のみの関連キーワードリヒトホーフェン(Ferdinand von Richthofen)シュティフター統計的品質管理行方(市)ネパール選択方位知り顔かき氷四迷